受精卵の検査で不妊治療|しっかりしたサービスを受けられる産婦人科を選ぶ
ナース

しっかりしたサービスを受けられる産婦人科を選ぶ

受精卵の検査で不妊治療

女医

異常のある卵子を検出

体外受精で受精卵を母体内に戻しても、妊娠が成立する確率は2〜3割程度とされています。また受精卵が無事に着床しても、流産や死産してしまう可能性があります。この原因のひとつは卵子に染色体異常があるためで、一般に女性が高年齢になるほど染色体異常の確率が高く、妊娠の可能性は低くなります。染色体異常のある卵子を取り除き、正常な受精卵だけを母体に戻す方法が着床前診断です。この方法を用いれば体外受精における妊娠率を大幅に高め、流産の危険を減らせるため人気があります。何度も流産していると子宮内癒着が起きて、さらに流産しやすくなると言われています。こうした障害を予防するためにも、着床前診断が効果的と考えられます。

遺伝子疾患を防ぐ

着床前診断には染色体を蛍光色素で染めて検査するFISH法や、遺伝子を大量に増殖させて検査するPCR法などがあります。いずれにしても分裂した受精卵の一部を取り出して、遺伝子検査を行なうことになります。現在のところ日本産科婦人科学会では、着床前診断を重大な遺伝子疾患の可能性がある場合に限り認めています。ただし学会に属していないクリニックでは、不妊治療のために着床前診断を受けることができます。また日本では認められていませんが、アメリカでは男女の産み分けまで可能となっています。着床前診断は保険適用外なので、多額の費用が必要になります。しかし重度の不妊の方や流産を繰り返している方には、メリットの大きい治療法と言えるでしょう。